2015年10月03日

ことのまあかり、削氷やってました。

夏の間はブログを更新できず申し訳ありませんでした。
9月30日まで、ことのまあかりでは削氷をご提供させていただいておりました。
今年は終了いたしましたが(次回は来年5月ごろからご提供予定です)ことのまあかりの削氷について少しだけ書いておこうと思います。
11781881_1613395175610830_6869695354381083724_n.jpg

●長屋王削氷
氷といったら、長屋王。
長屋王は自分の氷室をもっていて市場で販売していた人です。お酒に氷を浮かべて飲んだというような話もあります。そして、自宅で牛を飼っていたことも木簡などから判明しています。
なのでミルク系の削氷を長屋王と名づけました。
また、遣唐使が唐からもってわたり、当時は薬として高貴な人のみ口にしていたであろうはちみつを氷の上にひとさじ使いました。一番人気の氷でした
11889697_1618511768432504_206544992584849690_n.jpg

●橘三千代削氷
光明皇后の母親の三千代は、元明天皇から「橘」の姓いただいたことから、橘三千代と名乗っていました。
橘の実をシロップにするのはなかなか難しいので、柑橘系のシロップに「橘三千代」とつけさせていただきました。レモンスカッシュにもつかっていた、スタッフ伊藤の実家「柑王レモン」は今年は途中でなくなってしまったので途中から別のものを使いましたが、来年は大量に仕込みます。(マーマレードは柑王レモンのものを最後まで使っておりました)
本当においしくて夏の暑さにぴったりの削氷でした。白鳳展で三千代の厨子を見てから、または見に行く前に食べにきてくださったお客様がとても多かったです。
11011609_1613395132277501_6996180977276069360_n.jpg

●いちびこ削氷
いちびことは「伊致寐姑」と書きます。日本書紀の雄略紀に登場します。今回の苺シロップはどろっとした苺のシロップでした。苺ミルクも大人気でした。今年は奈良県産のものではなかったので、来年は奈良産の苺シロップを作れたらいいのですが。
11060892_1613928775557470_4325181167937292510_n.jpg

●杏削氷
奈良の難読地名のひとつ「杏」と書いて「からもも」と呼ぶ・・・ということにちなんで名前をつけました。しかし杏なのですが味わいが桃に近くておいしくて評判でした。杏&ミルク(+50円増し)のからももミルクは常連さんたちの間で大人気でした。
11202970_1618511681765846_58988356773890948_n.jpg

それとすぐにシロップがなくなってしまったので、
わりと幻に近いのですが
●五條の梅
めちゃくちゃおいしい梅シロップでしたがあっという間になくなってしまいました。食べられた人はラッキーです。来年用にすでに仕込んでおりますので、来年もあると思います。ネーミングをどうしようかとても悩んでおりました。五條ということで井上内親王・・・にしようかと思い悩んでいるうちになくなってしまったので、来年までに考えてます(笑)
しかし非業の死を遂げた人の名前ばかり使っていいのかとか(※三千代以外)、でも夏だからいいんじゃないかな・・とかいうご意見もいただいておりますが、検討します(笑)

あと、ちょっとだけ時期に間に合わなかったのですが、葛城のブルーベリーシロップも来年は入れたいなと考えています。葛城、そしてブルー・・・青・・・・・・・・・・といえば!飯豊青皇女!
というわけで名前はすでに決まっています(笑)来年をお楽しみに。

スプーンはスコップ氷用のサイズのスコップスプーンを使いました。
通常販売しているスコップスプーン、大小の真ん中で、色々使えるサイズです。
こちらは現在も店頭販売しております。
CL4PbDaUMAA9Xw7.jpg large.jpg

器は須恵器でおつまみの須恵器を使いました。ぴったりサイズな上に冷えやすい器だったので
削氷用に作ったのかと何度かたずねられました。

−−−−

かき氷をはじめるか、結構悩みました。
決定にいたるまでなかなか時間がかかり、開始がずいぶんと遅くなってしまいました
ですが、奈良時代に都がうつるときに鎮祀され、以降夏の間は朝廷に氷を献上していたという
氷室神社が小西町の氏神様なのです。
これはやはり氷をやらねばなるまいと意を決しました。

この夏、ほんとうにたくさんの方にご来店いただきました。
シロップの考案など悩みながらも楽しかったです。
来年に向けて古代史好きな方にも楽しんでもらえ、かつ美味しいシロップを考えていきたいと思っています。

削氷の最終日は氷室神社例大祭の宵宮でした
氏子19カ町、約470基の氷献灯が行なわれました。
絵馬に願い事を書き、その上に氷灯篭を置いてくださいました。
氷献灯の氷がとけたら、絵馬は自治会の役員さんが回収して、氷室神社へまとめてお届けくださるのだそうです。
12063796_1634909966792684_3029331383977577618_n.jpg

町中が氷献灯で商店街が美しい氷のあかりに彩られました。
氷の神様、ありがとうございました。
posted by ことのまあかり at 14:04| 日記

2015年07月05日

天平BAR1日目開催しましたー!

ばたばたしていて写真をあまり撮れませんでしたが
無事に1日目終了しました!
参加してくださった皆様ありがとうございました。

今回は銀とき子さんはじめ、天平衣装をお持ちの方が7名!いらっしゃったので
本当に天平時代の宴さながら、華やかなイベントとなりました。
衣装を着ていない皆様にもいちくらの頭巾をお貸しして、みんなで天平気分がたかまったのか
あちこちに古代ネタの飛び交う濃〜〜〜い空間でした。濃密なひとときでした!
今日もどんな宴になるのか楽しみですね。
今後も天平BARは開催していきたいと思いますので、チェックしてくださーい
(ご予算に応じてメニューを古代の宴風の貸切も承りますので、メールなどでお問い合わせください。
古代好きなオフ会とかにも使ってもらえたら私はとてもうれしいです(笑))

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPG
posted by ことのまあかり at 16:19| お知らせ

2015年06月28日

新メニュー!紫蘇ジュースとしずくゼリー

まずは葛城の紫蘇を使った紫蘇ジュース!!
さっぱりとして美味しいですよ!
目にも鮮やか〜!
500円です。
image1.JPG
そしてそして、

蓮の葉のしずくゼリー びわのコンポート添え。
image2.JPG

蓮が咲き始めるこの季節、
葉っぱに雫が乗っているのが美しくて
そこからイメージした夏のスイーツです。蓮の葉のお皿に乗せています。
五條のびわをコンポートしたものを乗せました。びわシロップと水ゼリーの相性はばっちり。
びわが終わったら新しい果物のコンポートになります。

お皿に乗っているのは明日香村さんぽさんのなら三彩おちょこ。店頭販売もしています♪
こちらは選べる飲みものとセットで680円。ぜひ味わってくださいね!
posted by ことのまあかり at 11:31| お知らせ

2015年06月26日

まくわうり〜いらんかね〜

本日26日から、
糖分が少なかった奈良時代には高価な価格で取引されていた
「まくわうり」(関西では「まっか」と呼ばれてるようです。)が
メニューに加わりました〜!
10492225_1599410093676005_5514892255876943274_n.jpg

まくわうり、何なのかわからない方もいらっしゃると思いますが
味は糖分が少なめのメロン・・・と思っていただければ。
瓜ときくと、味が無いのかと思われがちですが、ほのかな甘みがのどの渇きを癒してくれます。
8月くらいの旬の季節にお出しします。
高杯に盛ってお出ししますので、古代の貴族になった気持ちで味わってください。
飲みものとセットで650円です。夏の暑い日にさっぱりと!ぜひ。
10985214_1599410103676004_3675925440147642814_n.jpg
posted by ことのまあかり at 23:27| 新メニュー

2015年06月22日

天平BARは定員に達しました。

今回の天平BARは定員に達しましたので締め切らせていただきます。
募集人数を上回るご予約、ありがとうございました!
ご予約いただいた方には近日中に詳細メールをお送りいたしますので
少々お待ちください。

今回は近江であの有名な歌にちなんだお酒も仕入れてまいりました。
食べ物もいろいろと皆さんが楽しめるようなものを検討中です!

今回来られなかった方は次回ぜひお越しください。
ことのまあかり主催での天平BARは日程未定ですが、今後も開催していく予定です。
よろしくお願いします〜!
posted by ことのまあかり at 15:16| 天平BAR